エイズは母子感染する?

母子感染を防ぐためにHIV検査

現在、ほとんどの産婦人科で妊娠3か月後に検査が行われます。ほとんどの人はHIV検査を受けますが、中には受けない人もいます。HIVに感染していることを知らずに通常の方法で出産しますと、赤ちゃんへの感染率はおよそ30%といわれています。しかし、妊娠の初期の段階で感染していることがわかり、それに対して適切な対応をとることで、赤ちゃんへの感染率は1%以下になるとされています。ですから、HIV検査を受けることは非常に重要です。妊婦さんが感染している場合、出産後に母乳を与えることはできません。また、赤ちゃんには抗HIV剤を飲ませる必要があります。赤ちゃんが生まれた後、HIVに感染しているかどうかは直ぐにはわかりません。最終的に判断が下されるのは1歳6か月の時点となります。


FX

HIV検査キットの通販比較はこちら!