HIVはどこから来たのか?

HIVの起源にまつわる諸説

HIVウィルスの起源には、諸説あるのですが、その中でも信憑性が高いと言われているのが、サル免疫不全ウィルスが突然変異をして、人間への感染を獲得したということです。この突然変異をしたサル免疫不全ウィルスが、サルから人間に感染したのが、人間の体内でHIVウィルスに変異し、人間にも広がっていたというのがHIVウィルスの起源と言われているひとつです。

 

他のHIVの起源には、1930年代にアフリカの中西部で、チンバンジーが感染したサル免疫不全ウィルスが起源だという説もあります。このチンパンジーを人間が食べたことによって、同じ様に体内で突然変異したことが原因と見られています。そして驚くべきHIVウィルスの起源に、チンパンジーの血液を使用して血液製剤を作り、これをポリオワクチンに混入して使用していたということです。このポリオが使用されたのが、HIVの発症したところと同じところで同じ時期だったため、このような説も言われています。


FX

HIV検査キットの通販比較はこちら!