HIVの感染者が増えている

HIV感染者は減少傾向にある?

かつては、日本が先進国の中で唯一、HIV感染の対策が遅れていると指摘されていました。そのような中、日本国内における新規のHIV感染者の感染者数は、2008年をピークに、横ばい、もしくは若干減少傾向にあります。しかし、新規エイズ患者は依然増加傾向にあります。また、献血の件数が減少傾向にある中で、HIVの陽性反応件数が増加しているのも、注目すべき点です。女性と比べて男性の感染者数が圧倒的に多いのが特徴です。これは男性の同性間による性的接触が主な原因とみられています。これ以外にも、異性間の性的接触や薬物使用、注射器の使い回しやHIV対策のための処理がされていない薬物製剤の使用、それに母子感染なども原因として挙げられています。


FX

HIV検査キットの通販比較はこちら!