日常生活でもエイズになる?

日常生活でのHIV感染について

日常生活でHIVに感染するか?こういう不安を抱いている人もいることでしょう。確かにエイズは恐ろしい病気ですから、心配になるのは無理もないでしょう。ただ、この日常生活でHIVに感染するかですが、まず感染することはないといわれています。性行為や肛門性交を行う場合を除いては、体液や血液が付着したとしても、HIVに感染することはないとのことです。傷口に感染者の体液や血液が付着し続けると危ないですが、このようなことは、通常はほとんどないでしょう。

 

しかも、HIVウイルス自体は弱いので、人の体の中でしか生きることができないという特徴があります。そのため、ひとたび体外に出ると容易に感染力がなくなるとされているのです。ただ、体液や血液が付着しているものを口にした場合は人の体の中にウイルスがいると考えることができますので、日常生活でHIVに感染するか?という問題が出てきます。しかしながら、この場合は多量にたとえば体液や血液の付着した食べ物を摂取するわけではないので、多くの場合は問題はないと考えられます。


FX

HIV検査キットの通販比較はこちら!